眼瞼下垂のMiracle治療~CHANGE THE 目元~

beauty

目元のたるみの治し方

beauty

切開法や埋没法な、眼瞼下垂の治療法が確立されている。切開法はたるんだ皮膚を完全に除去することが特徴で、確実に眼瞼下垂を治療することができる。埋没法はたるんだ皮膚をリフトアップして糸で留める治療法で、料金が安いことがメリットである。

Read More...

しっかりとした快適さ

female

眼瞼下垂は名医に見てもらと良い結果につながるといわれていますが、それ以外の医師の場合にはある程度リスクがあると知ってください。カウンセリングがしっかりしていて手術後に頭痛や肩こりを解消するきっかけんとなるのです。

Read More...

まぶたがたるむのは何故

female

眼瞼下垂は、目が開きにくくなるだけではありません。目に不具合があることで、いつの間にか酷い肩こりや自律神経失調症の症状を併発している人も多いですが、手術をすると症状が治まる場合も多いです。治療方法は、眼瞼下垂を起こす原因や症状によっても変わります、おかしいなと感じた時は早めに受診しましょう。

Read More...

まぶたのたるみの改善法

目元がぼんやりとした印象になる眼瞼下垂がコンプレックスなら治療を行いましょう。最先端の手術方法を知りたい方はこちらをチェック!

多くの人が活用している美容皮膚科に関する情報を得たい場合は、こちらを利用しましょう。体験談などをチェックできます。

まぶたのたるみの原因とは

beauty

まぶたのたるみのことを医学的には眼瞼下垂と呼びます。眼瞼下垂は、垂れ下がったまぶたによって目が開き難くなり、視界も遮られてしまいます。発症する年齢も全年齢層にわたり、その原因なども様々です。大きく分けると生まれつきである先天性と後天性の眼瞼下垂に分けることができます。先天性の場合は左右片方にだけ発症することもあります。まばたきをする筋肉である眼瞼挙筋を司る動眼神経の異常が原因とみられるほか、眼瞼挙筋自体が未発達の場合もあります。後天性の場合には、眼瞼挙筋とまぶたを繋ぐ部分が緩むなどが原因でまぶたを正常に持ち上げることができなくなり、開きづらくなります。これは加齢が大きな原因となるほか、コンタクトレンズによるものや花粉症などで目を強くこすってしまうことなどがあげられます。

たるみの解消

眼瞼下垂の治療としては、形成外科や美容外科での手術が有効となります。まぶたは複雑な構造をしており、また最も目立つ部位でもあるので左右のバランスのわずかな違いなどでも違和感が出てしまいます。目を十分に開けられるようにするという機能回復と、左右の目のバランスと目の形を整えるという外見上の満足も必要となり、高度な技術が求められます。治療法としては、まぶたと眼瞼挙筋を繋いでいる挙筋腱膜を、まぶたの中の軟骨と固定する手術が行われます。先天性であったり、眼瞼挙筋が弱い場合には、眉を動かす筋肉である前頭筋とまぶたを繋ぐ前頭筋吊り上げ術が行われます。この治療法ならば、筋力低下に伴う下垂にも対処することが可能となり、高齢者に多く用いられる治療法となります。

若いころはハリがあったお肌も、年令によって頬のたるみなどが生じてしまいます。こちらをチェックして若さをキープしましょう。